シネマ
コロナシネマワールド
近日公開作品

2人のローマ教皇

カトリック教会における歴史的転換点の裏側を描き出す。

監督 フェルナンド・メイレレス
出演 ジョナサン・プライス アンソニー・ホプキンス フアン・ミヌヒン 他   
上映予定 【公開日】
2019年12月13日(金)
※公開日は変更になる場合がございます。
公式ホームページ https://www.netflix.com/jp/title/80174451
「シティ・オブ・ゴッド」「ナイロビの蜂」のフェルナンド・メイレレス監督がメガホンをとり、2012年に当時のローマ教皇だったベネディクト16世と、翌年に教皇の座を受け継ぐことになるホルヘ・マリオ・ベルゴリオ枢機卿の間で行われた対話を描いたNetflixオリジナル映画。
カトリック教会の方針に不満を抱くベルゴリオ枢機卿は、ベネディクト教皇に辞任を申し入れる。しかし、スキャンダルに直面して信頼を失っていたベネディクト教皇はそれを受け入れず、ベルゴリオをローマに呼び寄せる。考えのまったく異なる2人だったが、世界に10億人以上の信徒を擁するカトリック教会の未来のため、対話によって理解しあっていく。
ベルゴリオ役に「天才作家の妻 40年目の真実」のジョナサン・プライス、ベネディクト16世役にアンソニー・ホプキンス。脚本は「博士と彼女のセオリー」「ボヘミアン・ラプソディ」のアンソニー・マッカーテン。Netflixで2019年12月20日から配信。日本では配信に先立つ12月13日から、一部劇場にて公開。


上映劇場
小田原福山小倉