シネマ
コロナシネマワールド
2017.12.21

4DXでフォースの暗黒面を体感せよ!「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」ダークサイドバージョンの日本最速上映が緊急決定!

 
 
4DXでフォースの暗黒面を体感せよ!
 
「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」
 
ダークサイドバージョン
 
日本最速上映が緊急決定!
 
先週末より公開され、初日4日間で観客動員100万人を突破、興行収入16億円超えの大ヒットスタートを切った『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』。
 
映画のシーンに合わせて座席が動き、風、水、香りなどのエフェクトが連動する体感型アトラクションシアター4DXも公開初日から満席が続出し、ベールに包まれた衝撃のストーリーをテーマパークさながらに体感できると多くの観客で賑わいました。
 
この大ヒットを受け、4DX<ダークサイドバージョン>の上映が緊急決定!
 
本作は壮大な物語をめぐる“光”と“闇”がテーマとなっていますが、<ダークサイドバージョン>では、その“闇”に焦点を当てた4D演出を体感することができます。
 
具体的にはダークサイド側の登場人物たちの動きや感情に合わせて、座席が前後・左右・上下に激しく動き、風や水が吹きつけ、香りやフラッシュがリアルな衝撃を演出。ファースト・オーダーの戦艦登場やストームトルーパーの行進、レジスタンス勢力との激しい戦闘シーンなど、様々なシーンでダークサイド視点の4D演出を楽しむことができます。とりわけ注目なのがファースト・オーダーの最高指導者スノークらが操るフォースを細かいエフェクトで再現した点。まさに暗黒面を全身で体感できる演出になっています。
 
さらに今回特別に制作されるこの<ダークサイドバージョン>は全世界50ヶ国の4DXシアターで日本が最速公開!世界に先駆けていち早く<闇>の4DXが体感できます。
 
なお現在上映中の4DXオリジナルバージョンは<ライトサイド(光)>に焦点を当てた4D演出となっており、今回の<ダークサイドバージョン>の上映決定で、<光>と<闇>という対極の視点で演出された「スター・ウォーズ」を体感することができます。
 
フォースを覚醒させたレイとダース・ベイダーを継ごうとするカイロ・レン、そして“伝説のジェダイ”ルーク・スカイウォーカー。彼らを取り巻く運命は<光>を放つのか、<闇>に飲み込まれるのか?
 
4DXでしか体感できない“光”と“闇”、2つの『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』をぜひお楽しみください。
 
 
▼2種類の4D演出に関して▼
 
■4DXオリジナルバージョン<ライトサイドバージョン> ※上映中
“光”に焦点を当て、ライトサイド側の登場人物たちの動きや感情に合わせた4D演出が楽しめます。ライトセーバーでのバトルシーンやレジスタンス勢力による宇宙戦闘シーンでは、まるで彼らと一緒に戦っているような感覚を味わえます。
 
■4DX<ダークサイドバージョン> ※2018年1月5日(金)より上映
“闇”に焦点を当て、ダークサイド側の登場人物たちの動きや感情に合わせた激しい4D演出が体感できます。ファースト・オーダーやストームトルーパー軍の激しいバトルや、スノークらが操る暗黒面のフォースを感じてください。
 
 
 
 
大ヒット記念!! 4DX限定週替わりプレゼント開始♪
 
 
 
さらに!コロナワールド限定!! WEB予約キャンペーンも開催中♪
 
 
【4DX上映劇場】
小田原 中川 小牧 安城 豊川 大垣 金沢 福山 小倉